本文へスキップ
〒509-1693 岐阜県下呂市金山町金山973-6
TEL 0576-32-2121 FAX 0576-34-0006

 トップページ>>診療科・診療部門の案内>>放射線科 

 放射線科 

 特色 

  放射線科では、胸部撮影などを行う一般撮影以外にX線透視撮影装置、乳房用線撮影装置、パノラマ線撮影装置、骨密度測定装置、X線装置、MRI(磁気共鳴診断装置)、 超音波装置による検査を行っています。撮影された画像はすべてフィルムレス(フィルムを使用しない)で、どこにいてもモニター診断、画像確認ができるようになっているため 、迅速に診察を行える環境を整えております。 

 放射線科スタッフ一同は、技師一人一人の技術、専門知識の向上、検査及び検査の待ち時間の短縮、被ばく線量の低減を心掛け、業務にあたっています。 

 医療機器のご紹介 

 X線撮影装置 

 骨折や腹痛の検査でよく使用する装置です。
胸部、腹部、頭部、腰椎、手、足など全身を撮影することができます。 

 一般撮影装置  

 CT(コンピューター断層撮影装置) 

  放射線を利用して患者さんの体を走査し、コンピュータを用いて処理することで、頭部、胸部、腹部など全身の輪切りや3D の鮮明な画像を得ることができます。 場合によっては、造影剤を使用してより組織がわかりやすい画像を撮影することもあります。
 患者さんは寝台に楽な姿勢で寝ていただき、安心して検査を受けていただきます。 

 CT装置  

 MRI(磁気共鳴画像診断装置) 

 磁石でできたオープン型の装置に入り、放射線を使わず磁気の力を利用していろいろな臓器や血管を撮影することができます。 脳や脊椎、関節、そのほか腹部、骨盤など、あらゆる角度からいろいろな部位の画像を撮影できます。
 患者さんは動かずに横になるだけで、苦痛なく検査ができます。検査中は「ガガガ、コンコン」など大きい音がしますが、装置から出る音ですので心配されることはないです。

 MRI装置  

 X線テレビ装置 

 X線を出しながら、モニターで画像を観察しながら造影剤などを使用し、撮影を行い診断、治療を行うことができます。 主に消化管、整形外科、泌尿器などの領域で検査を行います。
 平成24年8月開院後、X線テレビ装置はFPD方式の装置を導入し、体位変換しやすく、より少ない放射線で撮影が可能となり、身体に優しい検査を実現しております。 

 X線テレビ装置  

 パノラマX線撮影装置 

 歯または歯の周囲を撮影する専用装置です。 歯だけでなく、下顎骨、上顎骨、顎関節の状態を観察します。 歯周病以外にも歯に関係する病変をみつけることができます。

 デンタルX線撮影装置 

 歯の状態を詳しく撮影する専用装置です。 虫歯がどこまで広がっているかを診断するために使用します。そのほかにも、歯の治療状態を確認するためにも使用されます。 

 乳房X線撮影装置(マンモグラフィー) 

 乳房を圧迫板と呼ばれる板で挟み、乳腺を広げるようにして撮影する装置です。 乳房にできる病変をほとんどみつけることができ、しこりとして触ることができない早期の段階での発見も可能です。 検査では乳房を圧迫し均等な厚みにしています。この際、痛みを感じる方もいらっしゃいますが、力を抜いて楽に検査に臨んでください。
 平成24年8月開院後、乳房X線撮影装置はFPD方式の装置を導入し、患者さんの負担を軽減し、診断しやすい高画質の画像を描出できるようになりました。 撮影に関しましては、当院では専門の試験に合格した女性技師が撮影を行い、常に高いレベルの検査を行っております。 

 乳房撮影装置  

 骨密度測定装置 

 効き手とは逆の腕を使って骨密度(骨年齢)を測定します。 主に骨粗鬆症の診断に有用とされています。

 超音波診断装置 

 検診に伴う腹部超音波の検査を行っている装置です。女性の患者さんには女性技師が対応しています。 人の耳には聞こえない高い周波数(16kHz以上)の音波を腹部臓器(肝・胆・膵・腎・脾)に当てて、その反響をリアルタイムで映像化し、検査していきます。 放射線を使わないため被ばくの心配もなく、患者さんに安心して検査を受けていただきます。 

 

 超音波診断装置  

下呂市立金山病院


TEL 0576-32-2121
FAX 0576-34-0006


診療日
月~金曜日
第1、第3土曜日
(小児科・歯科午前のみ)

受付時間
再来受付 7:50~
初診受付 8:15~
※診療科によってはこの限りではございません。
詳しくは外来診療医師予定表をご覧ください。


休診日
第2、4、5土曜日
日曜日 祝日 年末年始