岐阜県植樹祭サイトへ
 
下呂市トップ
下呂市トップ
森林の概要【下呂市の森林・林業・林産業】
 
〔森林の特性〕

 下呂地域は、標高約200m(金山)から約3,000m(御嶽山)まで、変化に富んだ地形が特徴となっています。植生の面からみると低山帯から山地帯、亜高山帯を経て森林限界以上のハイマツ帯までを有しています。

 また、気候帯的には、暖温帯上部から寒温帯までまたがっており、照葉樹林帯からブナ帯までの植生的な広がりがあり、多様な森林を持っています。

(1)森林面積                         単位:ha
総土地面積
森林面積
78,241
85,106
国有林
民有林
23,083
55,158
天然林等
人工林
天然林
人工林
8,402
14,681
21,863
33,295
○森林面積率91.9% ○民有林人工林率60.5%(竹林・無立木地除く)
〔林業・林産業の特性〕

 下呂地域は、林業は立地環境に恵まれ、かつては「裏木曾」と呼ばれ、江戸地代から「木曽檜」の産地として重要な位置を占めていました。また、戦後は造林が進められ、岐阜県の中核的林業地として発展してきました。特に人工林のうち約7割を占めるヒノキは、銘柄材「東濃桧」の生産地として、製材業等の林産業もよく発達し、木材関連産業が息づいています。

 下呂市では、活力のある林業・林産業を育成するため、森林組合・林業関係団体・木材関係団体が一体となって、間伐をはじめとする森林整備や流通の合理化、木材の高付加価値化に取り組んでおり、山元での素材生産から都市での木造住宅建築に至るまでの地域が一体となった「東濃桧」産地の形成を図っています。

 
(2) 民有林人工林の林齢別面積
林齢
面積(ha)
構成割合(%)
1~ 10年
249
0.7
11~20年
1,153
3.5
21~30年
2,940
8.8
31~40年
7,981
24.0
41~50年
11,198
33.6
51~60年
5,755
17.3
61年以上
4,019
12.1
合計
33,295
100.0

(3)住宅着工数の推移                      単位:戸
年度
12 13 14 15 16 17 18 19 20
新設住宅着工戸数
182
153
179
133
132
91
120
120
127
内木造住宅
158
137
142
102
92
69
85
94
99
木造率(%)
86.8
89.5
79.3
76.7
69.7
75.8
70.8
78.3
78.0
産直住宅着工戸数
225
178
136
171
198
110
127
28
41

(4)林業就業者の推移                      単位:人
年度
12
13
14
15
16
17
18
19

20

就業者数
198
173
153
159
149
117
104
88
89
資料:県森林・林業統計書
 
 

 

 

 

  下呂市の森林づくりトップ | 下呂市の森林の概要 | 下呂市森林管理委員会 | 森と木を活かす暮らし | みんなで守ろう下呂市の里山 | 森林環境学習 | 森のトピックス | 森でリラックス | 皇樹の杜案内図 | 皇樹の杜図位置図 | 森林浴 | 森林浴の効能 | 南飛騨森林浴回廊 | 温泉浴 | 下呂市の温泉 | ありがとう! 第57回全国植樹祭