岐阜県植樹祭サイトへ
 
下呂市トップ
下呂市トップ
 
森のトピックス

● 2009.5~11月 ~未来を担う子どもたちと~
平成21年度森林学習

 市内の小学校の子どもたちは、位山自然の家に1泊し、森の自然や木材のことを学びました。森のお話や作業の他、樹木・野鳥などの動植物を見たり聞いたり、ほぼ2日をかけ野外学習を行いました。

市内参加校11校、回数15回、参加児童415人
場所 萩原町四美  皇樹の杜
   萩原町山之口 位山自然の家(宿泊)
          岐阜大学演習林

● 2010.3.7(日) ~木と友だちになりましょう~
きのこの山づくり [皇樹の杜]

 健康道場や近くの山で間伐したヒノキにナメコの菌を打ちました。雨天のため山伏せは後日職員が行いましたが、参加者は持ち帰ったホダ木からたくさんナメコが取れるのを楽しみに楽しく作業しました。また、「ゆる体操」の体験と、お昼に振る舞われた「猪きのこ汁」で体もおなかも満足しました。


● 2009.11.15(日) ~木と友だちになりましょう~
きのこの収穫祭 [あさぎり体育館駐車場]

 下呂市農林水産業祭において「きのこの収穫祭」コーナーを設け、皇樹の杜で「きのこの山づくり」参加者が伏せたホダ木から収穫したナメコを汁にして、約200食を来場者に振る舞いました。


● 2009.10.18(日) ~木と友だちになりましょう~
木工教室 [南ひだ健康道場]

 「四美の里けんこう収穫祭」で、下呂木の日「木工教室」を開催しました。


2009.10.18(日) ~未来の森づくり~ 
「ぎふ山の日」イベント [皇樹の杜]

 第57回全国植樹祭で天皇皇后両陛下が播かれた種から育った苗を皇樹の杜に植え、「未来の杜」を作りました。

 記念植樹 「ヒノキ」、「カツラ」、「イチョウ」、「コブシ」、下呂市の木「モミジ」各1本 
 未来の森への植樹 「カツラ」、「イチョウ」、「コブシ」、下呂市の木「モミジ」各9本
 下呂市の花「サツキ」10本

 また、下呂市内のボランティア団体「2001年記念の森実行委員会」が飛騨川の「岩ツツジ」を増やすため挿し木で育てている苗を10本いただき、皇樹の杜に流れる深谷の近くに植えました。



● 2009.8.11(火)~12(水) ~下呂山の日~
御嶽山五の池小屋10周年記念登山

下呂市の最高峰「御嶽山」にある「五の池小屋」の10周年記念登山を開催しました。雨のため1日延期しましたが、晴天に恵まれ楽しい登山となりました。


● 2009.6.14(日) ~豊かな海づくり~
第30回全国豊かな海づくり大会GIFU長良川大会 [下呂市会場プレイベント]

 馬瀬西村の「水辺の館」でみだしの大会が開催されました。5月に雨天中止となった第60回下呂市みどりの祭」も一部同時開催しました。
 式典では「下呂市生きた森林づくり功労者表彰」馬瀬小学校の学習発表「馬瀬川と生きる」稚魚の放流などが行われ、会場での苗木のプレゼント、魚のつかみどりに大勢の市民が参加しました。


● 2009.4 ~淡墨桜咲く~

 第57回全国植樹祭で天皇陛下が植えられた淡墨桜の木に今年初めて花が咲きました。


● 2009-03-08(日) ~森とふれあい~
きのこの山づくり&炭焼き体験 [皇樹の杜・木炭交流施設]

 皇樹の杜で伐採した間伐材を使った「ナメコの植菌体験&炭焼き体験」が行われ、約80人の市民が参加。高山市の林業家「小林光雄さん」と「地元の炭焼き名人」の方々の指導を受け、丸一日汗を流しました。
 また休憩時間には、薪割体験ときのこ汁、鹿肉料理が振る舞われ、山の幸を味わいました。


● 2009-5月~11月 ~未来を担う子どもたちと~ 
20年度「森林環境学習」

 今年度は市内すべての小学校が参加。子どもたちは位山自然の家に1泊し、森の自然や木材のことを学びました。森のお話や作業の他、樹木・野鳥などの動植物を見たり聞いたり、ほぼ2日をかけ野外学習を行いました。

〔20年度 森林環境学習の実施状況〕
市内参加校数 14校
回数:19回  延べ児童数 451人

場所:   萩原町四美   下呂市皇樹の杜
    萩原町山之口   位山自然の家(宿泊)、 岐大演習林

● 2008-11-08(日) ~森とふれあい~ 
きのこの収穫祭 [皇樹の杜]

 今年3月にきのこの植菌を体験した参加者25名を招待し、「ナメコの収穫体験」と「きのこ料理の調理と試食」を楽しみました。
 間伐材のホダ木には、直径5cmほどの大きなナメコが育ち、素手で収穫。採れたてのキノコは、すぐにきのこ汁やきのこ御飯として調理し、秋の味覚を堪能しました。


● 2008-10-19(日) ~木と友達になりましょう~  [南ひだ健康道場]

 「四美の里けんこう収穫祭」で、木の日イベントを開催しました。
 

[内容]   木工教室、モッキーで遊ぼう
[参加者]   120名

● 2008-08-08(金) ~木と友達になりましょう~  [皇樹の杜]

夏休み、親子等市民を対象とした「8月8日 げろ山の日イベント」を開催しました。
 

[内容]   木工教室、流しソーメン、森の学校など
[参加者]   約60名

● 2008-05-20(日) ~森のめぐみを未来へ~ 
第59回 下呂市みどりの祭り大会   [皇樹の杜]

 萩原町四美地内皇樹の杜で、「第59回 下呂市みどりの祭り大会」(同実行委員会主催)が開かれ、市民ら約1,200人が参加しました。
 式典では、「生きた森林づくり功労者」の表彰や、上原小学校みどりの少年団による「林業体験などの発表」、市内各小学校1年生への「苗木の贈呈」が行われました。
 また併せて、会場には「植えて、育てる」「伐って、利用する」をテーマとして、森林や木材について体験できる多くのコーナーが設けられ、参加者が「森のめぐみ」を体感しました。


● 2008-04-28(月) ~大きく育て~ 
上原小学校「みどりの少年団」 記念植樹  [上原財産区有林]

 「ふるさとの山を自分たちの手で育てよう」と上原小学校全校生徒(54名)が、地元地域(約70名)の方の指導により、ヒノキの植樹を体験。当日は天候にも恵まれ、子どもたちは一本一本丁寧に苗を植えました。
 その他「植樹物と山の学習」や「なめこの菌打ち」を体験。1日がかりで熱心に取り組みました。


● 2008-03-09(日) ~森とふれあい~ 
きのこの山づくり体験   [皇樹の杜]

 市みどりの祭り実行委員会と南ひだ健康道場との共催で、間伐したヒノキをホダ木にして、なめこ菌を打つ「きのこの山づくり体験」が行われ、約60人の市民が参加しました。
 最初に、講師の高山市の林業家「小林光雄さん」の初心者でもわかりやすく楽しい「キノコのお話」。その後、作業に移行。ホダ木の穴あけ~なめこの菌打ち、最後にホダ木を山に伏せるまで行いました。
 ヒノキからなめこが採れることは、一般的に普及しておらず皆強い関心を示していました。早ければ今秋にも収穫でき、心待ちにしていました。


● 2007-5月~11月 ~19年度 「森林環境学習」を始めました~

全国植樹祭を契機とした新たな取り組みとして、市内小学生4年生を中心に「森林環境学習」を始めました。

 子どもたちは、講師の先生のお話や樹木・野鳥などの動植物を見たり、聞いたり、作業をしたりと興味津々な様子。ほぼ1日をかけ楽しく森のしくみを学びました。

〔19年度 森林環境学習の実施状況〕
市内参加校数 14校 (うち小学校 12校、うち中学校 2校)
回数:25回  延べ日数:37日 延べ人数 約700人
場所:   萩原町四美 下呂市皇樹の杜
    萩原町山之口 位山自然の家、岐大演習林


● 2007-10-21(日) ~木と友達になりましょう!~ 
皇樹の杜で「木の日」イベント

南飛騨国際健康保養地健康フェスタ「秋の大収穫祭」と協賛で、木工教室、森の遊び体験が行われ、約100人の市民が来場しました。

 


 

● 2007-8-8 ~植樹祭で植えたドングリの木と1年ぶりの対面~ 
皇樹の杜で「ぎふ山の日」イベント

 8月8日「ぎふ山の日」を記念し、下呂市皇樹の杜でイベントを開催しました。

 全国植樹祭で行われた「親子100人植樹」の参加者を招待。

 「親子100人植樹」で植えられたコナラの苗木は、植樹祭後にお野立所の南側の山地に移植されており、30センチほどの高さに育っていました。参加者は1年ぶりに対面。雑草を取り肥料を与え、「天に向かって大きく育て」などのメッセージと名前に書いた標柱を立てました。

 また、木製楽器「スリットドラム」づくりに挑戦。完成させ、参加者全員で演奏会を開催。様々な音色を奏で楽しみました。


標柱に願いを・・・

大きく育ちますように・・・

スリットドラムづくり

最後に、スリットドラムで演奏会


● 2007-05-20 (日)  ~森のめぐみを未来へ~ 
全国植樹祭1周年記念 「生きた森林づくり大会」第58回下呂市みどりの祭り大会

 萩原町四美地内皇樹の杜で、全国植樹祭の1周年イベント「生きた森林づくり大会」(県・共催)が開かれ、市民ら約3,000人、うち小学生約300人が参加しました。

  式典では、緑化功労者の表彰や、昨年の全国植樹祭でスタッフとして活躍した市立萩原北中学校生徒による体験発表、市内各小学校1年生への苗木の贈呈、天皇皇后両陛下のお詠みになった「御製」を記した記念碑の除幕が行われました。

 また併せて、木を「植えて、育てる」「伐って、利用する」をテーマとして、間伐講習会や小学生による植樹など記念行事が行われました。

  また、式典終了後には、アトラクションとして地元グループによるダンスや太鼓などが披露され、入場者を盛り上げました。


主催者あいさつ:古田岐阜県知事

開会あいさつ:山田下呂市長

国旗掲揚を立派に務めた
ボーイスカウトの子どもたち

県緑化推進委員会下呂支部の表彰

元気な声で進行を務めてくれた
3名の子ども司会

市の木モミジ 
苗木の贈呈を受ける地元小学生

お手植木の近くに建てられた「御製」を記した記念碑の序幕

市内小学生の記念植樹
(記念の森の造成)

地域の林業関係者が参加した間伐講習会

地元グループの演奏
(地域芸能披露)

御嶽山の自然紹介

 
 

 

 

 

  下呂市の森林づくりトップ | 下呂市の森林の概要 | 下呂市森林管理委員会 | 森と木を活かす暮らし | みんなで守ろう下呂市の里山 | 森林環境学習 | 森のトピックス | 森でリラックス | 皇樹の杜案内図 | 皇樹の杜図位置図 | 森林浴 | 森林浴の効能 | 南飛騨森林浴回廊 | 温泉浴 | 下呂市の温泉 | ありがとう! 第57回全国植樹祭